GMOクリック証券 プラチナチャート 使い方 | FXで月10万稼ぐ!初心者のためのFX必勝法

FX初心者でもトレンドがワンタッチでわかる無料チャート「GMOクリック証券 プラチナチャート」の使い方・見方

豪ドル円が95円まで上がりましたね~!
とりあえず、95円まではあがると予想していたチャートがあったので、
それにしたがってトラリピ(FX自動売買)も設定しておいた結果、
10/10から15回もヒットしました!!
⇒今がチャンス!5万円でできるトラリピ攻略法はこちら

ではなぜここまで上がると思えたのか?といいますと・・・
それを教えてくれたチャートがGMOクリック証券の「プラチナチャート」です。

もともとチャートが大の苦手な私ですが、プラチナチャートの「ある操作」をするだけで
一目瞭然に今上げトレンドなのか、下げトレンドなのかを知ることができます。
使い方をご紹介しますね^^

こちらから口座開設お申込みをする(約5分程度で完了)
②ログインしてプラチナチャートのボタンをクリック!(1秒で起動します)

gmo
③「比」のボタンの右どなりのボタンをクリックします
下にポップアップ画面がでてきますので、「平均足」をクリックし、「OKボタン」を押します
platinachart
そうしますと下のような画面になります。
見るのは下の画面のうすい色のほうのローソク足です。
gmo
赤色のローソク足が続いているときは「上げトレンド」ですので、
「買い」で注文します。

青色のローソク足が続いているときは「下げトレンド」ですので、
「売り」で注文します。

では買いと売りはいつ変わるのか?
そこが大事ですよね。

赤色が続いていたあとに、青色がでたときなど、
今続いている色とはちがう色のローソク足になった時がトレンド転換期です。

私の場合は、3本くらい続いた時にそのトレンドを見きわめます。
ローソク足の上にマウスを置きますと、日付とそのときのレート(高値、安値など)が出てきます。

たとえば、今日の場合は青いローソク線が2本続いていますので、「売りトレンドかも・・・」と
見始めます。
今日の「Bid安値(今日の最安値)」を左下の「2:プライスボード」で確認して、
今のレートと差が1円くらいあったら、そこまで下がる余地があるということなので
「売り」で注文します。

まだローソク足は2本しか続いてないので、ここは短期勝負で3000円の利益確定でIFD注文をする、
といった感じです。(トレンドがはっきりと確定できないため)

プラチナチャートはトレンドを知るには最高のツールです。
今上がってるのか、下がっているのかを知ることで利益を出せるチャンスが格段にあがります↑↑↑

トレンド転換しはじめた10/8の92円から見ると、今の95円まで3円もあったので、
買いトレンドとわかっているだけで、「買い注文」をコツコツと積み重ねていけば
おのずと利益も増えていきます。

92円で1万通貨買って95円で売ったとしたら3万円の利益+スワップが手に入ります♪

このプラチナチャートですが、GMOクリック証券に口座をお持ちの方なら
無料で使い放題です!

大人気の豪ドル円でしたらスプレッド1.0銭と、どのFX会社よりも一番安くトレードできますので、
ぜひプラチナチャートと合わせてさらなる利益アップを!!

●詳細はこちら⇒GMOクリック証券 プラチナチャート




FXで月10万稼ぐ!初心者のためのFX必勝法 TOP » GMOクリック証券 プラチナチャート 使い方