トラリピ(トラップリピートイフダン マネースクウェア・ジャパン) 攻略法 評判 検証 | FXで月10万稼ぐ!初心者のためのFX必勝法

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」が人気がある理由

マネースクウェアジャパン 評判
投資家の約6割以上がもうかるといわれるマネースクウェア・ジャパンというFX会社のサービスであるFX自動売買「トラリピ」。
「8割の投資家が負ける」「3年以内に9割が退場する」と言われる中で、トラリピの勝率は圧倒的です。

私も実際、手動でトレードをしていますが、プラスの月もあれば、マイナスの月もあったりと不安定です。
FXのスキルを上げるために手動でのトレードをしていますが、一方トラリピの成績はというと、月ごとの利益にはバラつきがあるものの、ずっとプラスできています。

実際、家事や育児で、パソコンにはりついてトレードすることは現実むずかしい状況にあります。
トラリピなら、設定さえしてしまえば、外出しようが、寝ていようが、チャンスを見つけてトレードしてくれるので、利益ゲットのチャンスをのがしません
私は2007年からFXを始めましたが、メンタルが一向にきたえられません(笑)
すぐに相場の動きで一喜一憂してしまうので、トラリピのように機械的にガンガン運用してくれるシステムが相性が良かったようです。

手がはなせないときでも、しっかりと利益チャンスをのがさないで、資産を増やすことができる最短のシステムです。

トラリピをまだされてない方も、興味のある方がかなり多いので、まずはトラリピがどうしてここまで支持されているのか、データからご紹介したいと思います。

マネースクウェア・ジャパンの顧客の実績

公式サイトを見てみましたら、直近のデータが公開されていなかったので少し前のデータになりますが、2013年、2014年ともに、プラス口座の割合は6割をこえています。
「8割の投資家がマイナス」とくらべると目を見張る水準です。

≪マネースクウェア・ジャパンの顧客の実績≫
マネースクウェアジャパン 評判
一方、2014年末の時点で、マネースクウェア・ジャパンで取引する投資家全体の損益状況を見ると、実現損益(スワップ含む)ベースでは、16か月連続でプラスを記録していることがわかりました。

自動発注管理機能「トラリピ」が使えるのはM2Jだけ!

「トラリピ」は、特許取得ずみの発注管理機能ですので、マネースクウェア・ジャパンでしか取引できない手法です。
多くの投資家に「トラリピ」が支持されていて、その手法を生み出したマネースクウェア・ジャパンの投資に対する姿勢が社会の信用を集めています。

3年以上取引を継続している投資家が約5割!

2014年12月にマネースクウェア・ジャパンで取引をした投資家のうち、約45%が3年以上取引を継続しているという事実があります。
それだけトラリピが長く使われているということですよね。

≪トラリピの進化年表≫
トラリピ 資産はいくら必要?
そして、2014年12月末に「60か月連続預かり資産増加」という記録も、トラリピに対する投資家の注目度が高いことをしめしていると思います。
トラリピをする人、したい人が5年にわたって増え続けている証拠です。

ここ最近では、トラリピの利益を最大限にねらっていく機能「決済トレール」やトラリピに向いた通貨ペア「トルコリラ円」の取り扱いをスタートしたりと、トラリピの投資戦略がどんどん進化しています。

大切な資産を預け、そして長期間にわたって運用するには、心から信頼できる会社でないといけませんよね。
株式会社マネースクウェア・ジャパンというトラリピを運営している会社も総体的に見ても、とても信頼できる会社だと思っています。

ここまで多くの人がトラリピで成果をあげていて、かつ今もどんどんトラリピ人口が増加しているといいます。
1000通貨での運用ができるので、最初に投入する資金が少なくてもできるところも良心的です。

自分の時間を優先しながら運用できる実績のあるトラリピで、今の生活をもっと豊かにしていきましょう。

>>マネースクウェア・ジャパン 公式ページ





トラリピにはどのくらい資金が必要なのか?ロスカットにあわないためのリスク管理方法

FX自動売買で大人気のトラップリピートイフダン(以下、トラリピ)。
1000通貨で自動売買ができることで、資金が少ない方でも始められるのが魅力です。

トラリピを始めるには、まず口座に資金を入金することから始めます。
ではどれくらい入金したらいいのでしょうか?

「トラリピは何本も注文しておくわけだから、けっこう資金が必要なんじゃないか・・・」とトラリピを始めることをあきらめてしまう方もいらっしゃいますが、とてももったいないです!

なぜなら、1,000 通貨単位で始めることができるからです。

トラリピにはどのくらい資金が必要なのか?ロスカットにあわないためのリスク管理方法

レバレッジ10 倍ですと、

・米ドル円は約11,000円
・ユーロ円は約12,000 円
・豪ドル円は約8,500円
・NZ ドル円は約8,200円

が1,000 通貨を運用するのに必要な資金になります。 (2017年1月現在)

【運用例】
たとえば、あなたの資金が5万円だとします。
この5万円をレバレッジ10倍で運用しますと、投資金額が50万円と同じことになります。
この 50万円で、豪ドル円を1,000 通貨で約5本仕掛けることができます。
(計算式:資金 50万円÷豪ドル円1,000通貨あたりにかかる資金9万円=約5本)
※豪ドル円を90円で計算しています。

資金が10万円ならこの2倍、豪ドル円を1000通貨で約10本仕掛けることができます。

1,000通貨単位でしたら、5万円の資金でもトラリピできちんと利益を上げることができます。

ちなみに「1万円だと少ない?」かといいますと、トラリピができないことはありませんが、できれば3万円はあると比較的安心です。
というのも、資金が少ないことで十分に注文本数が出せなかったり、ロスカットされる可能性が高まってしまうからです。
注文本数が少ないと、「新規→決済」の収益チャンスが減ってしまい、レンジ相場(あまり値段に動きがなく、同じような値段を行ったり来たりしている状況)が得意なトラリピの長所が生かしにくくなってしまいます。
わざわざ手動ではなく、自動売買のトラリピを選んでいるのに、利益を得るチャンスが少なくなってしまうのはもったいないですよね。

また私個人的に高いレバレッジで無理をして運用しますと、やはり気持ち的にも焦りや不安が生じてしまい、せっかくの運用が楽しめません。

ちなみに、私は15万円からスタートしました。
数か月で15万円の利益が出たので、元手の15万円は出金して、利益のみでの運用を始めました。
1年後、トラリピでの利益が100万円を超えました♪
機械的に自動運用してくれるトラリピは、当時赤ちゃんがいる私にとって、最高の味方でした。
設定さえしてしまえば、あとは利益が出るのを待つばかり。

トラリピに必要な資産金額は?≪まとめ≫

1,000通貨単位でのトラリピ運用に必要な資金は5万円以上あると安心。
できれば10万円はあるととても安心。
利益がでたらそのまま資金に入れてより多くの本数を発注していくと、さらに利益を得るチャンスが広がる。

ガンガン、トラリピで発注したい方は 100万円で!
資金100万円なら1万通貨での発注もできます。

▼公式サイトはこちら▼
株式会社マネースクウェア・ジャパン
>>トラップリピートイフダン

リスクを最小限にするためには、資金をどれくらいにするのがいいのか?

ロスカットレートが一目瞭然でわかる「らくトラ試算表」を活用します。

トラリピ 資産はいくら必要?

大切な資金で運用する以上、ロスカットは絶対に避けたいですよね
自分の資金で希望するレート内で仕掛けられる本数などを入力すると、いくらでロスカットされるのかが一発でわかる「らくトラ試算表」を使うと、リスク管理が簡単にできます。

通貨ペア・・・豪ドル円
運用予定額・・・5万円
仕掛けるレンジ幅・・・87円~92 円
レンジ内に仕掛ける本数・・・5本
1本あたりの通貨数・・・1,000 通貨(1,000 通貨の場合は「0.1」と入力します)
1 回のリピートでねらう利益・・・2,000円

と設定して、この通りに実際に運用してみました。
結果はどうなったかといいますと・・・↓

トラリピ 資産はいくら必要?
およそ2週間で3,200 円の利益がでました。

一番下の利益200 円分は激しい値動きがあった 6/11にチャートと値動きを見て、自分で手動で決済した分です。
トラリピのアプリ「ポケトラ」を起動して、スマホから決済しました。

そして、はじめ設定したときに「87円~92円」で設定していたのを、レートが少し下がったため、それに合わせて「85円~90円」に変更しました。
このレンジ相場を最大限に生かしたかったため、今現在のレートから、遠すぎず、近すぎずくらいのレート設定にしてみました。
【プチ裏ワザ】
リアルタイムでレートが見れるときは、こまめに注文レートを変えてみると、利益率が上がります。
注文する目安の値段は「今のレートよりも上3円、下2円」です。
トラリピはスマホから注文もできますし、注文変更もできます。
外出時や家事をしているときなどパソコンがなくても手軽に操作できます。

あとの 3,000 円分は自動的にトレードしてくれたぶんです。

先にも書きましたが、らくトラ試算表を使う理由は、自分の持っている資金に対して、どのくらいのポジションが持てるのかという目安を知るほかに、「リスク管理ができるから」です。
今持っている資金に対して、注文内容が多すぎると、ロスカットの可能性が高くなります。
しっかり資金管理することで、ロスカットの不安や危険性もおのずと少なくなります。

トラリピには、維持率が100%を下回ると強制決済されてしまう「東京15時ロスカット」と、80%を下回ると強制決済される「自動ロスカット」と2種類のロスカットの段階があります。

東京15時ロスカット

祝日を含む毎営業日15時時点で時価残高に対して維持率(※)が『100%』を下回っていた場合、東京15時ロスカットの対象になります。
※維持率・・・時価残高÷証拠金必要額(内ポジション分)×100で算出。
この数値が大きいほど口座内の余力があることを表します。
※維持率150%を下回っていた場合に、アラートメール(電子メール)が送付されます。

自動ロスカット

時価残高に対して維持率(※)が『80%』を下回っていた場合、自動ロスカットになります。
※維持率100%を下回っていた場合に、アラートメール(電子メール)が送付されます。

上記の内容で試算した場合、東京15時ロスカットが 83.18、自動ロスカットが81.39となっていますが、これまで豪ドル円は 50 円台なかばまで下落したことがあります。
今のレートが92円だった場合、もし大暴落などが起こり急激に下落した場合、 手だてをほどこすまえに自動ロスカットになる可能性もあります。
そのために、ある程度「ゆとりのある注文内容」にしておくと、ある程度ほったらかしでも安心して任せられます。

そこで、レンジ内に仕掛ける本数を 5 本⇒4 本に減らしてみました。
そうすると、東京15時ロスカットが 83.18⇒78.59 に、自動ロスカットが 81.39⇒76.84 に下がりました。
もし、ロスカットの値段が今のレートに10円前後と近い場合は、運用予定額に対して設定したポジションの数が大きい(本数が多い)ことがありますので、できる限り、無理のない範囲で設定することをおすすめします。

トラリピ注文中にレートが暴落したときの対応

・レンジ内に仕掛ける本数を少なめにする
・1 本あたりの注文通貨量を「1万通貨」→「1000通貨」と少なくする

この 2つを変更することで、ゆとりのある運用をすることができ、リスクもおさえることができます。

一番手っ取り早い注文方法は「らくトラ」です。
トラリピの注文方法は、「らくトラ」と「トラリピ」の2方法あります。
・トラップリピートイフダン注文の場合
現在レートをはさんで、上下に注文を仕掛けるときに、指値・逆指値と2回に分けて発注する必要があります。
・らくトラで注文する場合
指値・逆指値に関係なく、あらかじめ設定したレンジ幅に一度に最大25本までのリピートイフダン注文を発注することができます。

設定方法もらくトラのほうが簡単ですので、トラリピが初めての方や、初心者さんはらくトラで注文する方法をおすすめします。
生まれて初めてログインされた方でもたった10 分で注文完了したとのご報告もあるくらいです。
とてもわかりやすく簡単に設定できますので、トラリピが初めての方や、注文はチャチャっと手軽に済ませたいという方に特におすすめです。

トラリピ 公式サイト

【この記事を読んだ人は合わせてこんな記事も読んでます】
FX自動売買「トラリピ」攻略法★どの通貨がいい?ほったらかしで利益5万円を増やす方法




連続発注でレンジ相場でも利益チャンスを広げるトレード法

あまり動きのない相場だと、一気に大きく利益を上げることはむずかしいですよね。
大きな単位で一気に勝負をかければ、大きな利益のチャンスも広がるかもしれませんが、リスクが高いのであまりいい方法とは思えません。

堅実に着実に利益を手に入れるためにおすすめのトレード方法が「連続発注」です。
連続発注は自動で運用をしてくれるシステムトレードにおまかせする方法ですので、初心者でも気軽に取り組むことができます。

このトレード法を使って、相場の動きにとらわれず、常に利益チャンスにめぐまれるだけでなく、パソコンやスマホで相場を見ていなくても連続発注でレンジ相場でも利益チャンスを広げるトレード法についてご紹介します。

そもそも連続発注とは何か?

連続発注とは、基本的に複数のイフダン注文が連続で何度も繰り返し行われる仕組みのことです。
イフダン注文とは、新規注文が約定すると、自動的に決済注文が発注される仕組みです。

たとえば、「1ドル=100円で買う」という新規注文を出すと同時に、「1ドル=110円になったら売る」という決済注文が出せます。
通常のイフダン注文では、新規注文と決済注文がそれぞれ一度約定してしまうと、それで終わりです。
これを何度も何度も繰り返すようにしたのが、連続注文です。

連続注文できるFX会社のおすすめサービス

トラリピ(マネースクウェア・ジャパン)

連続注文の代表格がマネースクウェア・ジャパン(M2J)の「トラリピ(トラップリピートイフダン)」です。
2007年という早い時期に導入されて、FX界では知らない人はいないほどの先駆け的な存在となっています。
トラリピの運用イメージとしては、

1.複数のイフダン設定を一度に自分で設定する
2.決済された注文はまた同じ内容で注文される(リピート)
3.自動でイフダンを繰り返し続ける

一度決済されたイフダン注文を何度も繰り返すことで、収益チャンスを逃さずに活用することができます。
値動きの9割近くはレンジ相場という専門家もいます。
実際にFXを取引されている方は、ある一定のレンジ内で上下し続けるチャートというのを目にしたことがあると思います。
仮に1ドル=100円~120円の間を上下に行き来する相場となっていた場合、105円で買って100円で売るというイフダン注文をするだけでは、一回の収益チャンスのみで終わってしまいます。
また通常のイフダン注文によって何度も収益を得ようとするならば、決済するたびに、いちいち注文し直さなくてばなりません。

ですが、トラリピという連続注文を使うと、一度にたくさんのイフダン注文をトラップ(わな)のように仕掛け、しかも同じイフダン注文を繰り返しリピートするので、レンジ内で上下する相場の中で何度も何度も収益を得ることができるようになります。

ループ・イフダン(アイネット証券)

アイネット証券で提供されている「ループ・イフダン」は、複数のイフダン注文を何度も繰り返すというサービスです。
仕組みそのものはトラリピと同じです。

トラリピとループ・イフダンのちがい

トラリピとループイフダンのちがいは、自分で自由に注文内容を設定するか(トラリピ)あらかじめ決められた売買システムを使うか(ループ・イフダン)ということです。
どちらも基本のイフダン注文を繰り返す仕組みは同じですので、まずは両方試してみると、どちらの仕組みが自分に合っているのかつかめるようになります。

【トラリピのメリット】
設定項目が多く用意されているので、ユーザーの裁量で幅広く、柔軟な運用ができます。
好きな通貨で、好きな利益金額で、入金した資金でどのくらい仕掛けられるのか、あらかじめ試算表で計算することができますので、リスクを低く、自分の運用資産範囲内で好きに運用することができます。

【トラリピのデメリット】
設定が自由に組めるぶん、慣れていない方はどう設定すればいいのか、最初は迷ってしまうことがあります。
トラリピに慣れてくるまでは1000通貨での運用ができますので、小さい単位でこつこつと無理のない範囲でトレードの練習をし、慣れてきたら少しづつトレード単位を増やしていくといいと思います。

≪ループ・イフダンのメリット≫
26種類のラインナップの中から選ぶだけなので、設定自体は簡単です。
自動売買が初めての方の導入としてもおすすめです。
とりあえず、連続発注を利用してみたいというトレーダーには、うってつけのサービスとなっています。

≪ループ・イフダンのデメリット≫
あらかじめ発注する内容が決まっているため、自分の自由に発注することができません。
ある程度連続発注に慣れるまではループ・イフダンを使って、仕組みになれる方も多いです。
慣れてくると、今の資金でどのくらいの値幅で発注すればいいのか、相性のいい通貨などがわかるようになってきますので、自由がきくトラリピに移行されるのもおすすめです。

私の場合は初めからトラリピの1000通貨でこつこつ運用をはじめました。
いきなり何本も設定をしてしまうと、相場が注文と反対に動いたときに、含み損が大きくなりかねません。
慣れてくるまでは、本数を1~3本程度にしておくと安心です。

はじめからトラリピで運用されたい方のおすすめ注文内容

初めからトラリピで、「好きな通貨」「利益金額の設定」「本数」を設定されてい方のおすすめ注文内容はこちらです。

・通貨→米ドル円
・利益額→500円
・本数→1本

この内容は初めてトラリピをされる方におすすめの内容です。
米ドル円は動きがかなりゆるやかで、大きな経済事情がない限り、大きく動かないので、リスクも少ないです。
500円までの利益額に到達するにはある程度の時間が必要ですが、注文の感覚をまずはつかむことが大切なので、これで値動きや利益の増減などの動きを見ながら、次の設定に生かしていくといいと思います。

連続注文のメリットとデメリット

メリット

注文内容にそって24時間自動でトレードしてくれることから、相場を見続ける必要がなく、時間的制約を受けにくくなります。
利食い、損切りをするときの心理的な負担がないので、精神的にトレードで受けるダメージが手動トレードと比べると圧倒的に少ないです。

デメリット

たくさんの注文を仕掛けた場合、含み損を抱えることがあります。
そうなると短期的には結果が出にくいといった面があります。

自動売買における連続発注で利益をコツコツとだしていくためには、

じっくりゆっくり気長な運用でまったり攻略していく

のが一番です。

トラリピの場合、500円の利益をこつこつ積み上げていくという理論の上で運用していくものです。
せっかく運用するなら、少しでも利益が多いほうがいいですよね。

・リスクが少なく、
・自分の裁量で、
・ライフスタイルに合わせた運用で、
・こつこつとあせらず、利益を積み立てていく運用

で着実に利益を上げていきましょう!

トラリピ 公式ページ
ループ・イフダン公式ページ





FXで月10万稼ぐ!初心者のためのFX必勝法 TOP » トラリピ(トラップリピートイフダン マネースクウェア・ジャパン) 攻略法 評判 検証